SEARCH

結婚式準備

2021.07.16

春に結婚式を行うメリット・デメリット

新たな気持ちでスタートを切る人が多い春。そんな春は結婚式を挙げる季節としても人気が高いです。まずは、春の結婚式を挙げるメリット・デメリットを見ながら、人気の理由を知りましょう。

【メリット】気候が安定している

春は、1年の中でも気候・気温ともに比較的安定している季節です。特に5月は肌寒さもなくなり、過ごしやすく感じられます。

【メリット】屋外ロケーションが映える

春になると、桜などの花が咲き、また木々の葉が鮮やかな緑に変わります。春だからこそ叶うこのロケーションの中で、素敵なウエディングフォトを撮れるのはメリットの一つ。
ガーデンウエディングが可能な会場であれば、屋外演出をたっぷりと取り入れた、開放感溢れる結婚式が行えます。また、屋内の会場であっても、大きな窓から春らしい景色を見られるロケーションであれば、春を感じながら結婚式の時間を楽しめるでしょう。

【デメリット】新年度で忙しい人も

3月から4月は年度が変わるタイミングでもあります。そのため、仕事が忙しかったり、新生活の準備でバタバタする人も。また、春休みやGWなどの連休には個々に旅行などの予定を入れている場合もあります。
春に結婚式を行う際は、早い段階で招待するゲストに日程を伝えておき、スケジュールを確保してもらうことが大切です。

【デメリット】花粉症に注意

春は花粉が多く舞うシーズンなので、花粉症の人にとっては辛い時期でもあるでしょう。もし花粉が気になるのであれば、屋外がメインとなる会場を避けるなど、会場の選び方を工夫するのも1つです。

結婚式に春らしさを取り入れるアイディア

ゲストに春らしさを感じてもらうためには、春と関連性のあるテーマにすることで、春だからこそ叶う結婚式に仕上がるでしょう。ここでは、結婚式に春らしさを取り入れるアイディアを紹介します。

パステルカラーを取り入れる

会場装飾やペーパーアイテムなどをパステルカラーにするだけでも春らしさが出せます。なかでも、桜の花をイメージさせるピンクが人気です。
その他、黄色などの鮮やかなカラーをベースにすると明るい雰囲気になり、グリーンを取り入れると新緑溢れる自然豊かな印象になります。

春の花をテーマにする

春の花と言えば桜を思い浮かべる人が多いですが、すずらん・チューリップ・ミモザ・芍薬なども春の花として人気です。自分が好きな花を選んだり、花言葉に着目して選んでみるのも結婚式ならではの観点。ぜひ、春の花に注目してみてくださいね。
●すずらん : 花言葉は純粋。白い小花でかわいい印象に。
●チューリップ : 花言葉は思いやり。1色だけでなく、複数の色を混ぜ込んで使うのもおすすめ。
●ミモザ : 花言葉は思いやり・友情。ナチュラルウエディングのとの相性が良い。
●芍薬 : 花言葉ははにかみ。花自体にボリュームがあるので華やかな仕上がりに。
また、結婚式で花と言えば、会場装飾やブーケを思い浮かべますが、それ以外にも花を取り入れられるポイントがあります。

例えば、ウエディングケーキに花を取り入れるのも1つのアイディアです。土台部分に花や緑を敷き詰めたり、食用の花をケーキ本体に飾ったりすると、見た目が鮮やかになります。また、ウエルカムドリンクに桜の花びらを浮かせたり、ペーパーアイテムに春の花をワンポイントで入れたりするのもおしゃれな演出。
ただし、春の花は旬の時期が短いため、生花を結婚式で活用できる期間が限られています。テーマにしたい花がある場合は、その花の旬に合わせて結婚式の時期を検討すると良いでしょう。

ひな祭りやイースターなどイベントをテーマに

春はイベントもたくさんあります。3月なら「ひなまつり」や「ホワイトデー」、4月なら「イースター」、5月なら「端午の節句」など、春ならではのイベントをテーマに取り入れるのもおすすめです。
それぞれのイベントを連想させるようなアイテムを、ウエルカムスペース・ペーパーアイテム・デザートプレートなどに反映させると、春にしか楽しめない結婚式になるでしょう。
特にイースターは演出に取り入れやすいテーマです。パステルカラーのたまご・うさぎのぬいぐるみなどを、春の花と一緒に置けば、春らしさが感じられるだけでなく、可愛らしい雰囲気の装飾に仕上がります。

春らしい結婚式ドレスの選び方

衣裳選びも結婚式に春らしさを出すポイントの1つです。ここでは、春らしいウエディングドレス・カラードレスの選び方を紹介します。

【ウエディングドレス】素材で選ぶ

春の結婚式におけるウエディングドレスの素材としておすすめなのは、チュール素材・オーガンジー・レースなどの軽い物。特に、チュール・オーガンジーはふんわりとしたやわらかい印象に仕上がり、軽い春の雰囲気にぴったりです。

【カラードレス】花モチーフのデザインを選ぶ

結婚式でお色直しをするなら、花モチーフが入ったカラードレスを選んでみてはいかがでしょうか。花びらを散りばめたようなデザインや小花がポイントで入っている物は、春らしさを感じられるだけでなく、キュートで可憐な印象に仕上がります。

【カラードレス】パステルカラーを選ぶ

パステルカラーのドレスは、春のロケーションに抜群に映えます。春らしさはもちろんのこと、可憐な印象も叶えてくれるでしょう。
淡いピンク色は桜などの花、グリーンなら新緑、ブルーなら澄み渡った空など、春の風景をイメージできるカラーを選ぶのがおすすめです。

【花嫁ヘア】花を活用したヘアアレンジ

髪型にも春らしさを取り入れてみましょう。ここでは、春らしくおしゃれに仕上がる、花を活用したヘアアレンジを紹介します。

花冠を付けたスタイル

花冠は可憐な印象に仕上がるアイテム。使う花に、ピンク・ホワイト・グリーンなどを取り入れると春らしさがアップします。花冠の雰囲気に併せて、髪をゆるく巻いて軽やかにすると、全体で統一感を出せるでしょう。

花を散りばめたダウンスタイル

ダウンスタイルにする場合は、下ろした髪の毛に花を散りばめると良いです。編み込みやねじりを取り入れながら、毛先の方にかけて細くなるようにまとめてみましょう。
ピンクの花なら可愛く可憐な雰囲気、黄色の花なら明るい雰囲気など、花の色によって印象が変わります。なりたい花嫁姿をイメージして花を選んでください。

まとめ髪に花を付けるクラシカルスタイル

まとめた髪のサイドにポイントとなる大きめの花を付けると、クラシカルな印象に仕上がります。また、編み込んだ髪の毛をうしろでまとめたスタイルに、バッグカチューシャのように花を付ければ、うしろ姿からも春らしさが溢れるでしょう。

春の結婚式のイメージをつかみ、結婚式の時期を検討しよう!

過ごしやすい春は結婚式を挙げる時期にぴったり。春ならではのウエディングコーディネートを楽しむことが出来るのも魅力です。春らしさをたっぷりと感じられる会場で、ゲストに感謝の気持ちを伝えましょう。
〈 / 〉

RELATED