SEARCH

式場選び・ブライダルフェア

2021.05.12

結婚式が多いのは何月?人気の季節に挙げるメリット&デメリット

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式を挙げる時期には、1年の中で多い月と少ない月があります。人気の季節は外で演出を楽しみやすい反面、予約が取りにくいことも。一般的に結婚式のオフシーズンと言われている月にも、メリットがあるので検討したいですね。ここでは結婚式が多い月の他、季節別に結婚式を挙げるメリット・デメリット、おすすめ会場と演出を紹介します。

結婚式が多い月は?

結婚式の日程を決める際は、どの季節に結婚式を挙げるのがベストなのか迷ってしまいますね。一般的に結婚式が多い月は、気候が安定している春と秋に集中しており、外で演出がしやすいなどのメリットがあります。まずは、結婚式が多い月の特徴を紹介します。

秋の10月と11月が多い

結婚式を挙げる月は秋の11月が最も人気で、次いで10月となります。秋は気候が比較的穏やかで、美しい紅葉などを楽しみつつ、外で演出が行いやすいのも選ばれる理由の1つです。

年末やゴールデンウィークに結婚が決まったり、両家の顔合わせをしたりすると、式の準備期間も考慮して、半年~1年近く経過した秋が、ちょうど良い時期であることも多いでしょう。

春の3月から5月にかけても人気

3月から5月にかけても結婚式が多く、人気の月となっています。春も気候に恵まれやすく、ゲストが参加しやすいのと、天候に悩まされることが少ないのは大きいですね。地域によっては桜を背景に写真が撮れるなど、春であることのメリットを活かしやすいのも特徴です。

【季節別】結婚式を挙げるメリット・デメリット

結婚式は春と秋が人気と紹介しましたが、一般的には結婚式のオフシーズンとされる夏・冬にも、結婚式を挙げるメリットが存在します。ここからは、季節ごとに結婚式を挙げるメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

春(3月~5月)の結婚式

春は気候が穏やかなので、外で行う演出に最適な時期です。他にも、花の選択肢が多く装花にこだわれる、桜をモチーフとしたデザートなどを楽しめるところもメリットです。

デメリットとしては、3月から4月にかけては年度の変わり目でバタバタするので、結婚式は避けたいという人も。ただし、転勤などの予定がある場合は、3月中に結婚式を挙げるケースもみられるため、本人同士やゲストのスケジュールを確認し、自分達にとってベストな日程を考えましょう。

夏(6月~8月)の結婚式

夏の結婚式のメリットは、6月に結婚する花嫁は幸せになれるという「ジューンブライド」に合わせることができることです。また、7~8月は結婚式のオフシーズンなので、割引プランが利用できることも。その他、学校の先生など、夏に長期休暇が取りやすい方にも人気の季節です。

デメリットとしては、ジメっとした暑さや猛暑の季節でもあるため、暑いのが苦手な新郎新婦は結婚式を挙げる時期の候補から外すことが多いです。

秋(9月~11月)の結婚式

秋の結婚式は、祝日や連休が多いためゲストが参加しやすい、紅葉や外での演出を楽しめる、旬の食材を味わえるところがメリットです。結婚式で和装を着る場合は、紅葉や秋の風景と相性が良いのも嬉しいですね。

人気の時期であるがゆえに、友人や親戚などと結婚式の日程が重なりやすい、式場の予約が埋まりやすいというデメリットもあるので、注意が必要です。

冬(12月~2月)の結婚式

冬に挙げる結婚式は、休暇を利用して親族が集まりやすい、年末年始の休みで結婚式の準備がしやすいのがメリットです。他にも、クリスマスやバレンタインといった、その時期ならではの装飾・演出が楽しめるのも魅力。また、暑さが苦手な人は冬に挙式することがメリットとなるでしょう。

デメリットは気温の低さと、雪が多い地域は交通手段に困ることが考えられます。

結婚式が多い月の予約・費用のポイント

結婚式が多い月に挙式することは、メリットが多いものです。ですが、予約を早めに取らないと希望の日程が押さえられない、割引サービスやプランを利用できないことが多いなど、式場を予約する際に知っておきたいポイントがあります。

結婚式が多い月の予約は早めに

人気の月は結婚式を希望する人が多いため、会場の予約が既に埋まっている恐れもあります。結婚式を挙げたいタイミングで式場を確保したい場合には、できるだけ早めに式場を決めて予約しておくことが重要です。

また、ゴールデンウィークなどの連休中に結婚式をしたい場合は、ゲストに他の予定が無いか事前に確認しておくと、スムーズに出席して貰えるでしょう。

時期によって費用に差があることも

結婚式が多い月は割引が少ないこともあるため、他の月に行う場合と比べて、トータルの費用に差が出ることもあります。逆に、一般的に結婚式のオフシーズンとされる時期に結婚式を挙げれば、割引プランを利用し、費用を抑えられることも。結婚式場によっては、期間限定のお得なプランもあるので、気になる式場のプランをチェックしてみましょう。

季節別のおすすめウエディング会場&演出

結婚式を挙げる時期を決めたら、季節に合った会場や演出も考慮して、より素敵な式にしたいですね。ここからは、アルカンシエルの結婚式場で季節にぴったりな会場とおすすめの演出を紹介します。

春におすすめの会場と演出

植物が芽吹く季節である春は、新緑の息吹が感じられる、大きな窓のある会場などがおすすめです。雛祭りの時期ならゲストへ雛あられを配る、桜の季節なら桜を使ったデザートを出すなど、季節に合わせた演出も素敵ですね。会場の装花も、春の花を使用して華やかにしたいところです。

アルカンシエル南青山の「パリス キャッスル アンジェブランシュ」は、純白の会場に装花が映えるので、春先にぴったり。プロジェクションマッピングの使用も可能なので、最新の演出が楽しめ、忘れられない1日になりそうです。

夏におすすめの会場と演出

夏は夏祭りが行われるなどの楽しいイメージがあり、盛り上がりやすい季節です。ゲストに浴衣を着て参列してもらうなど、夏祭りの雰囲気を演出するのも素敵ですね。

アルカンシエル luxe mariage 大阪の「ランカウイテラス・アジュア」では、テラスにある水辺を活かした夏らしい演出が可能です。アジアンリゾートの雰囲気も漂い、まるで海外ウエディングのような特別感も楽しめます。温もりのあるテイストの空間で、ゲストとリラックスしながら過ごせるのが魅力です。

秋におすすめの会場と演出

秋はハロウィンや果物狩りなど、皆で楽しめるイベントが多い季節です。ハロウィンをテーマに装飾するなど、遊び心溢れる演出を取り入れると大人はもちろんのこと、お子様もより楽しめます。

アルカンシエル横浜 luxe mariageの「ニューヨーク・エスカリエ」は、落ち着いた色調の会場に、秋の装花がマッチします。洗練された雰囲気は、流行に敏感な人にも満足して貰えそうですね。

冬におすすめの会場と演出

冬は雪の結晶や、トナカイやサンタなど、使いやすいモチーフがたくさんあり、演出にこだわれる季節。サンタからのプレゼント配布や、お正月には餅つきイベント、バレンタインはチョコを利用したデザートなどで、季節感を楽しみたいですね。

アルカンシエル luxe mariage 名古屋の「エクラ」は、白をベースにした美しい空間で、雪が連想できる冬の結婚式にピッタリです。全天候型テラスで、気温の低い日もまるで屋外にいるかのような開放感も味わえます。螺旋階段もあるので、演出の幅が広がりそうです。

結婚式が多い月を理解し、ベストな時期に結婚式を挙げよう

結婚式が多い月は、気候の良さもあって予約が早く埋まることも。早めに予約することが、人気の月に結婚式を挙げるコツと言えそうです。また、オフシーズンでも楽しめる演出は豊富で、お得なプランも利用できるなど、良い面がたくさんあります。結婚式が多い月のメリット・デメリットを理解して、ふたりにとってベストな時期に結婚式を挙げたいですね。
〈 / 〉

RELATED