SEARCH

結婚式準備

2021.05.12

結婚式のウエルカムボードとは。おしゃれにゲストをお迎えするデザイン例を紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式場の受付などに置かれているウエルカムボード。ステキなウエルカムボードはゲストをおもてなしするだけでなく、形として残るふたりの思い出の品にもなります。今回は、ウエルカムボードの役割や作るときのポイントを紹介。ウエルカムボードのデザイン例とウエルカムスペースの飾り方についても見ていきましょう。

結婚式のウエルカムボードとは

結婚式場の受付近くには、「Welcome」と書かれたボードが置かれていることがあります。まずは、結婚式でのウエルカムボードに書かれている内容やその役割について見ていきましょう。

ゲストを迎えるための案内板

ウエルカムボードは、どのカップルの結婚式が行われているのかが分かりやすいように、披露宴会場の入口やゲストをお迎えする受付などに置く案内板です。新郎と新婦の名前や結婚式を行う日付、ゲストを迎えるメッセージを記しているものが多いです。

ゲストを楽しませるためのアイテム

最近では、さまざまなアイディアのウエルカムボードで、ゲストをお迎えするカップルが増えてきました。キレイに飾り立てたウエルカムボードは、ゲストを楽しませる目的としても使われています。

ウエルカムボードを作るときのポイント

ウエルカムボードは、サイズや形、記載内容などに決まりはありませんが、押さえておきたいポイントがあります。次に、結婚式のウエルカムボードを作るときのポイントを見ていきましょう。

DIYするかプロに依頼するかを決める

まず、結婚式場にウエルカムボードの持ち込みができるかを確認してください。持ち込み料がかかるケースもあるので、事前に調べておくと安心です。

続いて、ウエルカムボードを誰が作るのかを決めます。自分達で作る場合は、デザインや素材などを準備してゼロから作っていきます。便利な制作キットを使ったり、ワークショップへ通いながら作ったりと方法もさまざま。結婚式は他にも準備することがたくさんあるため、当日に間に合うように早めに準備を始めましょう。
ウエルカムボードの制作をお願いする場合は、ウエルカムボード制作の専門業者やフォトスタジオなどに依頼することが多いようです。DIYが得意な友人や家族などにお願いするカップルもいます。制作を依頼する際は、どんなイメージで作りたいかをしっかりと伝えることが大切です。

スペースと設置方法を確認してサイズを決める

ウエルカムボードのサイズが大きすぎて設置できない、逆に小さすぎて目立たない、などということがないようにウエルカムボードを置くスペースや設置方法を結婚式場に確認してから、サイズを決めることをおすすめします。

イーゼル(ウエルカムボードを支える台)を貸出してくれる結婚式場もありますが、イーゼルが大きすぎてウエルカムボードが小さく見えてしまったり、イーゼルを支えるマチが固定されていて、ウエルカムボードが置けなかったりするケースもあるので注意が必要です。

卓上用・床置き用など、ウエルカムボードを設置する場所によってイーゼルの種類も異なります。結婚式場からイーゼルをレンタルしたい場合には、サイズ感やどこにウエルカムボードを置く想定のイーゼルなのか、確認をしっかりと行いましょう。

ウエルカムボードのイメージとデザインを決める

作りたいウエルカムボードのイメージを決めましょう。例えば、ナチュラル系、ガーリー系、シンプル系などのイメージに合わせて、素材やデザイン、文字のフォントなどを決めるのがおすすめ。結婚式のテーマを決めている場合には、そのテーマをウエルカムボードにも反映すると統一感が出ます。会場の雰囲気に合わせて作るのもステキですね。

おしゃれなウエルカムボードのデザイン例

晴れの日に大切なゲストを迎えるウエルカムボードは、できるだけおしゃれに仕上げて思い出にも残るものを作りたいですよね。次に、おしゃれなウエルカムボードのデザイン例を紹介します。

写真や文字レイアウトをフレームに入れる

定番デザインの1つがフレームを使ったウエルカムボードです。新郎新婦の写真や似顔絵、文字を印刷した紙などをフレームの中に入れるタイプが多く見られます。フレームのデザインにより、シンプル系から華やか系まで、自分好みのものを作れるのが魅力です。

透明なボードに文字を書く

透明なプラスチック版やアクリル板に、ゴールドやホワイトなどのペイントペンを使って直接文字を書くデザインも人気です。透け感が周りの雰囲気となじみやすく、とてもおしゃれに見えます。シンプルな演出をしたいカップルにぴったりのデザインです。

木製ボードにペイントする

ナチュラルな雰囲気で演出したいなら、木製ボードがおすすめです。木の板にニスを塗り、白のペイントペンで文字を書くだけで、とてもおしゃれなボードに仕上がります。レーザーで文字を彫刻する方法もあります。ブーケやリースで飾れば、華やかな雰囲気がプラスされるでしょう。

写真パネルに文字を入れる

印刷会社などに依頼し、ふたりの写真に「Welcome」などの文字を載せデザインしたものを、厚みのある展示用パネルに印刷する方法もおすすめ。プロにお願いすることで、きれいに仕上がるものも魅力です。
写真には、結婚衣裳の前撮り写真やツーショット写真などを選ぶと、ふたりが一緒にいる時の雰囲気をゲストに楽しんでもらえるでしょう。

絵柄や文字を刺繍する

ハンドメイドの温かみが好きなふたりなら、ウエルカムボードに刺繍を施してみても。刺繍初心者は、手作りキットを活用するのがおすすめ。刺繍が得意な家族や友人に、お願いして作ってもらうカップルもいます。一針ずつ刺繍で作るウエルカムボードは、想いのこもった一生の宝物にもなるでしょう。

ウエルカムスペースにおすすめのアイテム

撮影:アルカンシエル luxe mariage 大阪
ウエルカムボードと一緒にこだわりたいのが「ウエルカムスペース」です。披露宴会場の入口は、ゲストが最初に目にする空間です。近年はこのスペースをおしゃれにセンス良く仕上げるのがトレンドに。ここでは、ウエルカムスペースにおすすめのグッズや装飾方法を紹介しましょう。

新郎新婦のスナップ写真で思い出を共有

思い出の写真や結婚式の前撮り写真をワイヤーやツリーに吊るして飾ると、ふたりの結婚までの軌跡が辿れる楽しいウエルカムスペースに。モノクロやセピア色といった写真のトーンを統一しておしゃれに仕上げましょう。トーンを揃えつつも、異なるサイズの写真や新郎新婦の向きが違う写真(うしろ姿や見つめ合う姿など)を織り交ぜることで、空間に広がりが生まれ、ステキな雰囲気を演出できます。

ガーランドで華やかに盛り上げる

天井や壁に吊るしたり、テーブルの上に飾ったりするだけでおしゃれに雰囲気を盛り上げてくれるのがガーランド。仕上げたい雰囲気のデザインを選び、新郎新婦の名前やメッセージを英文で書いて飾るのがおすすめです。

イニシャルオブジェでアクセントを

木製やマーキーライトなどのイニシャルオブジェをテーブルの上に置き、メッセージを込めるのもスタイリッシュ。新郎新婦のイニシャルと「Wedding」や「Welcome」といった文字アイテムを自由に組み合わせ、オリジナルの演出をしましょう。

バルーンでポップに可愛く

いくつものバルーンがウエルカムスペースで迎えてくれると気分も高まります。ゴールドやパステルカラー、文字入りなどバルーンのデザインもさまざまなので、会場の雰囲気に合わせて選びましょう。なかでも、ハート形のバルーンは結婚式にぴったり。自分達でバルーンにメッセージを書くのもおすすめです。

ウエルカムドールでお出迎え

新郎新婦の代わりにゲストを迎えてくれるのがウエルカムドールです。縁起の良い動物とされるクマやブタなどのぬいぐるみを使ったり、ふたりが好きなキャラクターのぬいぐるみを置いたりすることも。結婚衣裳を着た可愛いぬいぐるみに出迎えられると、ゲストもほっこりするでしょう。

ステキなウエルカムボードを作ってゲストをもてなそう

結婚式会場の入口に置き、ゲストをお迎えするウエルカムボード。おしゃれで思い出に残るものを作れば、ふたりにとってずっと大切な宝物にもなるでしょう。自分達にぴったりのウエルカムボードでゲストをお迎えし、ステキな結婚式にしてくださいね。
〈 / 〉

RELATED