SEARCH

結婚式準備

2020.12.21

結婚式費用の平均と内訳を知りたい!見積もりのチェックポイントも紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式にかかる費用は、内容やゲストの人数によって変動するもの。結婚式場に見積もりを出してもらう前に、あらかじめ結婚式にどれくらいの費用がかかるのか、平均額などを知っておくことが大切です。本記事では、結婚式費用の平均額や内訳、さらには見積書のチェックポイントについても解説します。 (※本記事内の費用に関する部分は、「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ」を基に記載しています。)

結婚式にかかる平均費用と傾向

予算を立てる際には、まず費用の相場を把握することが大切です。ここでは、結婚式にかかる費用の全国平均や、それに併せた自己負担額について解説します。

挙式+披露宴の平均費用

挙式+披露宴(披露パーティ)にかかる平均費用は362万3,000円で、招待客の平均人数は66.3人です。これは、招待客1人あたりに換算すると、平均して6万9,000円をかけている計算になります。

また、ご祝儀総額の平均費用は227万8,000円。挙式+披露宴・披露パーティでカップルが自己負担する金額の平均は154万6,000円です。

挙式スタイルや披露宴会場の違いによって金額は異なりますが、まずは全体の予算の目安として捉えておきましょう。

最近の結婚式の傾向

招待客1人あたりにかかる費用は、引き続き増加傾向にあります。これは、ゲストに対する感謝とおもてなしの気持ちが強く表れているためでしょう。

また、挙式形式では「人前式」が人気です。ゲストを含めた参加者全員で場を作りたい、という意識が高いことが理由と考えられます。

結婚式費用の内訳と平均額

結婚式費用の内訳のうち、代表的な項目として挙げられる、料理・装花・ドレスなどの平均費用を解説していきます。各項目をチェックして、費用に関するイメージを膨らませてくださいね。

料理関連

披露宴・披露パーティで出される料理や飲み物代は、結婚式の予算の中でも大部分を占めます。

ゲストへの料理・ドリンク・ウエディングケーキなど、料理に関わる費用の平均は119万4,000円で、1人あたりの料理+飲み物代の平均合計金額は1万9,300円です。

ゲストの人数や料理の内容によって金額は変わります。早い段階で人数を確定し、料理コースを決めると、料理以外の項目にどれくらい予算をあてられるか定まりやすいでしょう。

装花関連

装花とは、カップルが座るメインテーブルやゲストのテーブルに飾る花のことで、費用には花嫁が持つブーケやブーケトニアなども含まれます。

装花にかかる平均費用はブーケ関連が4万6,000円で、会場装花が17万9,000円です。花の種類・ボリューム・数によって費用が変わってきます。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテムとは、招待状・席札・席次表・メニューカード・芳名帳(ほうめいちょう)などのことです。平均費用は、招待状関連が1部あたり379円、席札が1部あたり197円、席次表が1部あたり398円となっています。

ペーパーアイテムは、ゲストの数だけ必要な物が多いため、ゲストの人数が増えればその分費用もかかります。なかには、招待状や席札を手作りするカップルも。手作りか業者に依頼するかによっても費用が異なります。

衣裳関連

衣裳にかかる費用の内容は、新郎新婦が着る衣裳代のほか、ベールやアクセサリーなどの小物、ブライダルインナーなどが挙げられます。衣裳のみにかかる平均費用は新婦が48万8,000円、新郎が17万円です。

衣裳の種類や着る数によって費用が変わる他、結婚式後に髪型をリセットする場合は、引き上げ料として別途費用がかかることもあります。

引出物関連

ゲストに渡す引出物・引菓子やその袋代、プチギフトなどが含まれます。1人あたりの平均費用は、引出物が6,100円、引菓子が1,300円、プチギフトが278円。引出物の費用に関しては、ご祝儀の額やゲストとの関係性によって異なる他、地域によっても大きく変わります。

どれもゲスト1人ずつに渡すのが基本です。しかし、家族や夫婦で出席してくれるゲストへ渡す場合は、家族単位で1セットにすることもあります。

また、引出物を渡すための袋は式場の袋を使うことが多いですが、自分達で持ち込める場合も。ただし、持込料が別途かかる可能性があるので式場に確認してくださいね。

写真

結婚式当日に撮影するスナップ写真などの費用です。平均費用は21万8,000円。カット数やオプションの追加でさらに金額が変わったり、前撮りする場合は別に費用が発生したりする可能性があります。

演出

演出の費用としては、主に会場の音響・照明の費用、司会者にかかる費用が挙げられます。披露宴で映像を使った演出をする場合には、使用する機材などの費用がさらにかかる可能性もあるでしょう。

平均費用は、司会者関連が7万円、映像演出関連が10万5,000円です。

結婚式費用の見積もりのもらい方とコツ

結婚式のプランを考える際、出された見積もりを見て、その金額が自分達にとって妥当かどうかを判断することも大切です。ここでは、見積もりのもらい方やコツを見ていきましょう。

見積もりは3回程度出してもらう

見積もりは、3回出してもらうのが基本です。そうすることで、結婚式にかかる費用を効率的に確かめられます。

1回目の見積もりは、「ゲストの人数・挙式スタイル・結婚式の日取り」を伝えた上で出してもらい、全体の予算感をざっくりと掴みましょう。

2回目では、自分達の要望を式場側に一通り伝え、要望を全部盛り込んだ最高金額の見積もりを確認します。

3回目は最終段階。最終的に収めたい現実的な予算金額に向けて、やる部分・やらない部分をそれぞれ吟味し、内容を調整します。

項目を分類して整理する

「ゲストの人数で変わる費用」「ランクで変わる費用」「オプション追加で変わる費用」に分けて費用を整理すると、予算の調整がしやすいです。

「ゲストの人数で変わる費用」として挙げられるのは、主に「料理・飲み物の提供数」「引出物・引菓子関連」「招待状や席次表などのペーパーアイテム」など。これらの費用を早めに確定するためにも、ゲスト数を早い段階で決めておくことが大切です。

「ランクで変わる費用」として挙げられるのは、「装花関連」「衣裳関係」などです。特に、ウエディングドレスにこだわりがあるプレ花嫁の場合は、「予算オーバーで着たいドレスが着られない」とならないためにも、早めに試着をしてウエディングドレスを決めておきましょう。

「オプション追加で変わる費用」に該当するのは、「演出関連」「プロフィールムービーなどのコンテンツ作成」「写真撮影」などです。絶対にやりたいことをピックアップして優先順位をつけることをおすすめします。

プライスリストをもらう

プライスリストとは、演出・ドレスなどの項目ごとに金額の目安が書かれた一覧のこと。プライスリストを参考にしながら結婚式に必要な項目をピックアップすれば、予算計画がスムーズに立てられます。

また、出された見積もりを元に金額調整を行う際も、手元にプライスリストがあれば検討を行いやすくなります。

見積もりに入ってこない結婚式の関連費用とは?

結婚式費用の中には、式場から出される見積もりに含まれないものがあります。式場に払う費用以外に必要なものをチェックしてみましょう。

結婚指輪

結婚指輪は、結婚式費用と別に考えなければいけません。結婚式で指輪交換を行う場合は、当日までに指輪を準備する必要があります。購入するタイミングについてもパートナーと相談して、予算オーバーを避けてくださいね。

ちなみに、結婚指輪の平均費用(2人分)は25万1,000円です。

ビューティアップ関連

結婚式に向けてブライダルエステを受けたりネイルを施したりする人も。この場合、結婚式場とは関係なく支払いが生じるので、もちろん見積もりには含まれません。ブライダルエステの平均費用は9万円です。

ゲストへのお礼・交通費

ゲストに受付・スピーチ・余興をお願いした場合は、お礼を渡すのが一般的です。現金で渡すのが主流ですが、なかにはプレゼントとして品物を渡す人も。

また、遠方からのゲストに対しては、お車代として交通費と宿泊代を渡します。新郎新婦側でチケットや宿泊先を手配する場合には、必ずゲストの意向も確認してから行うようにしましょう。

平均や内訳を知って結婚式費用の検討をしよう

結婚式の費用はその内容によってまちまち。まずは、結婚式費用の平均や内訳をしっかり把握することが大切です。その上でおふたりの要望を書き出し、式場スタッフと相談しながら費用とのバランスを取っていきましょう。ふたりの理想の結婚式を挙げるために、計画的に進めていきたいですね。

※本気記事内の費用に関する部分は、「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ」を基に記載しています。
〈 / 〉

RELATED