SEARCH

結婚式準備

2020.12.21

結婚式DIYの成功ポイント

オリジナルの演出ができるのが結婚式DIY。ゲストへのおもてなしや、ふたりのこだわりを手作りアイテムで形にするカップルが増えています。ここでは、結婚式DIYを成功させるポイントを見ていきましょう。

結婚式DIYのテーマを決める

結婚式DIYを始める前に、「テーマ」を決めるのがおすすめです。特に複数のDIYアイテムを準備する場合、テーマカラーがあると統一感を出すことができます。例えば、海が好きなら「ブルー」をテーマカラーにしたり、自然が好きなら「植物」や「麻」など、ナチュラル素材と色で統一したりすると、ふたりの世界観を演出しやすいです。

3~5ヵ月前から始める

結婚式DIYは、日程に余裕をもって取り組むことをおすすめします。結婚式DIYは、3~5ヵ月前に準備を始めるカップルが多いようです。まず、手作りするアイテムの企画とデザインを決め、かかる時間を算出します。会場の広さや演出の内容がわかった時点で、取りかかれるものから始めていきましょう。

式場によっては、持ち込み料がかかる場合があるので、DIYを始める前に持ち込みに関するルールを式場に確認することを忘れずに行いましょう。

簡単に作れるアイテムを利用する

結婚式DIYをより簡単にしたい場合は、手作り用のキットを使って、必要なものだけ作る方法もおすすめです。説明書付きのキットもあるので、DIY初心者でも気軽に作れます。

結婚式DIYのアイディア集①ペーパーアイテム

ペーパーアイテムは、無料テンプレートなどを上手に活用すると、簡単にオリジナルのDIYが楽しめます。まずは、定番のペーパーアイテムDIYを見ていきましょう。

タイムライン

結婚式当日の進行が書かれたのが、タイムラインです。受付開始から挙式や披露宴の集合時間、開始・終了の時間などを記します。招待状も手作りして、タイムラインと一緒に送るのもおすすめです。

席次表

席次表は、披露宴会場のゲストテーブルの配置、ゲストの名前、新郎新婦との関係、会社名などが記載されたものです。新郎新婦のプロフィールを載せるカップルもいます。巻物風にしてリボンを結んだものや、二つ折りにして書籍風にしたものなどが人気。また、招待状とおそろいのデザインにしたり、当日のコーディネートに合わせたりしても、ステキな演出ができます。

テーブルナンバー

テーブルナンバーは、披露宴会場などのテーブルに置かれる数字や、アルファベットの目印です。フォントや文字の大きさは自由で、トレーシングペーパーやフォトフレーム、クリップなど簡単な材料で作れます。

席札

ゲストがテーブルに着いた際に、自分の席が分かるように知らせる札のことです。紙だけでなく、いろいろな素材で作れます。席札の裏には、ゲスト一人ひとりに向けてメッセージを書くカップルもいます。

結婚式DIYのアイディア集②ウエルカムスペース

ゲストが式場で最初に訪れるのがウエルカムスペース。DIYアイテムを置いて、ふたりのオリジナルアイテムでゲストをおもてなししましょう。ここでは、ウエルカムスペースでおすすめのDIYアイテムを紹介します。

ウエルカムボード

受付スペースに飾られるのがウエルカムボード。ゲストが式場入口で最初に目にするものなので、こだわって作る花嫁も多いです。ふたりの写真やリース、ドライフラワーなどを取り入れながらオリジナルのボードを作ってみましょう。

ウエルカムツリー

ウエルカムツリーは、木の枝に写真や小物などを飾ったアイテムです。前撮りの写真やふたりの思い出の小物を飾れば、ふたりだけのオリジナルのウエルカムツリーになります。木枝を準備してアイテムを付けるだけなので、簡単に作れるのも魅力です。

ウエルカムドール

可愛いぬいぐるみでゲストを迎えるのが、ウエルカムドール。縁起が良いとされるクマやブタ、フクロウなどのドールが人気があるようですが、ふたりのお気に入りのぬいぐるみを置くのもおすすめです。ぬいぐるみを作るのは難しくても、新郎新婦風の服や2人のイニシャルの縫い付け、ぬいぐるみが持つ小物を手作りするなども楽しそうですね。

結婚式DIYのアイディア集③盛り上げアイテム

結婚式をより楽しく盛り上げるアイテムもDIYすることができます。ここでは、写真撮影とフラワーシャワーを盛り上げるDIYアイテムを紹介します。

フォトプロップス

ゲストとの写真に楽しさを添えてくれるのが、フォトプロップスです。厚紙に好きなデザインのペーパーなどを張り付けて、ストローを付けるだけで簡単にできます。最近は、毛糸の中にワイヤーを入れ込んで文字を描く「ウールレター」も人気です。

フラワーシャワー

チャペルから出てくる新郎新婦に、花びらを撒いて祝福するのがフラワーシャワーです。ライスシャワーが始まりで、ナッツやキャンディーなども使われますが、リボンや折り紙など、オリジナルのDIYアイテムを取り入れるカップルも。

素材によっては、ドレスに付いて取りにくいものや、足元に落ちると危険なものがあるので、事前に式場スタッフに相談してから準備しましょう。

結婚式DIYのアイディア集④ゲストへのおもてなし

感謝の気持ちをゲストに伝えるために、DIYアイテムで想いを込めておもてなしをしましょう。ここでは、ゲストへのおもてなしにおすすめの結婚式DIYを紹介します。

プチギフトのパッケージ

結婚式の最後に、ゲストへの感謝の気持を込めて手渡しするのがプチギフトです。お菓子や生活雑貨などを贈るのが一般的ですが、きれいなパッケージを使ったり、リボンを結んだりして、自由にDIYが楽しめます。

サンキュータグ

サンキュータグとは、ゲストへの感謝のメッセージをプチギフトや引出物に添えるタグのことです。「Thank you」スタンプを押したり、似顔絵・デザイン画を描いたりなど、アイディアもさまざま。「Best Day Ever(最高の一日)」「With Big Love(大きな愛を込めて)」などの英文メッセージを添える人もいます。

ロゼット

リボンで作るロゼットには、「ゲストにも勲章を授けたい」という感謝の気持ちが込められています。中央にゲストの名前やメッセージを書いて、周りにリボンのプリーツを付けると出来上がりです。リボンの色や素材を自由に選んで、オリジナリティのあるものを簡単に作れます。

おしゃれでリーズナブル!100均で作れる結婚式DIYアイテム

材料や必要な道具などを100均などで揃えると、おしゃれなアイテムがリーズナブルに作れます。ここでは、100均グッズで作れる結婚式DIYのアイディアを紹介します。

タイル席札

100均のタイルを使うと、紙の席札とはちょっと違うおしゃれな席札に。タイルの上に耐水性のマーカーでゲストの名前を書くだけの簡単DIYです。色違いのガラスタイルを使うと、よりおしゃれで可愛い席札になります。

エンボスペーパーのテーブルナンバー

結婚式DIYのペーパーアイテムによく使われるのが、エンボスペーパーです。表面がザラついた水彩絵紙で、好きな大きさにカットして周りを手でちぎり、金マーカーなどで縁取りするだけで、おしゃれに仕上がります。手書きや印刷でテーブルナンバーを入れ、クリップやスタンドを使って立てれば完成です。

リメイクフォトフレーム

100均の可愛いフォトフレームにひと手間加えるだけで、おしゃれなリメイクフォトフレームに変身。白やゴールドなどのアクリル絵の具で塗れば、アンティーク調のおしゃれなフレームにリメイクできます。ふたりの写真を入れて、ウエルカムスペースなどに置いてみましょう。

コットンボール

カラフルで可愛いコットンボールは、実はとても簡単にできる結婚式DIY。膨らました風船にボンドを付けて毛糸を巻き、乾いてから風船を割ると出来上がりです。リースに巻き付けたり、LEDを入れたりすれば、ウエルカムスペースをおしゃれな空間に演出できます。

ふたりだけの結婚式DIYで感謝と思い出を形に残そう!

ゲストへの想いを形にできるだけでなく、ふたりらしさを表現し、思い出としても残せるのが結婚式DIYの魅力です。心のこもった結婚式DIYで、ふたりだけができる素敵な演出を楽しんでくださいね。
〈 / 〉

RELATED