SEARCH

結婚式準備

2021.07.16

ウエディングフォトで後悔しないために必要な準備とは?映えるスポットも紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

ウエディングフォトとは、結婚するふたりの姿を残す記念写真のことを指します。結婚式当日に撮影する写真はもちろん、「前撮り」「後撮り」もウエディングフォトの一種です。大切な瞬間をイメージ通りに残すため、ウエディングフォトにこだわる人も多いはず。この記事では、映える写真を撮影するコツや、アルカンシエルの結婚式場でおすすめのフォトスポットを紹介します。

ウエディングフォトとは

ウエディングフォトとは、結婚するふたりの姿を残す記念写真のことです。ここでは、ウエディングフォトの知識や魅力について紹介します。

ウエディングフォトとフォトウエディングの違い

よく似た言葉である「ウエディングフォト」と「フォトウエディング」。これは、「結婚式を行うか、行わないか」によって使い分けられています。
ウエディングフォトとは、結婚式を挙げることを前提とした撮影を意味し、結婚式当日にする撮影や、前撮りまたは後撮りなどのことを指します。
一方、フォトウエディングとは結婚式を挙げず、写真だけを残すウエディングのスタイル。「写真だけの結婚式」ともよばれています。

ウエディングフォトの魅力

結婚式当日のウエディングフォトは、結婚式という特別な1日を、まるごと写真に残せるのが魅力です。新郎新婦が支度する風景やオフショットなど、さまざまなシーンを撮影できます。
前撮りや後撮りの場合、結婚式当日とは違う衣裳で撮影できるのが魅力。結婚式で和装をしないケースでも、前撮りや後撮りで和装姿を残せるのは嬉しいポイントです。
また、前撮りや後撮りは結婚式当日に比べて時間の余裕があるため、新郎新婦の好きなものをたくさん詰め込んだこだわりの写真が残せます。
ふたりの思い出の場所でロケーション撮影や、楽器やスポーツといった趣味を取り入れた撮影、ペットと一緒の撮影など、撮影自体も楽しみましょう。

フォトウエディングの魅力

結婚式を挙げない場合でも、結婚という大切なイベントを写真に残せるのがフォトウエディングの魅力です。新型コロナウイルスの影響でフォトウエディングを選択するカップルもいます。
ゲストを呼ばないフォトウエディングでは、ふたりの予定に合わせて撮影を行えるのもポイント。結婚式に比べ、打ち合わせや準備の負担が少ないのもメリットと言えます。

映えるウエディングフォトを撮る秘訣

せっかくなら、最高のウエディングフォトを残したいですよね。ここでは、ウエディングフォトで後悔しないために必要な準備や、撮影のコツを紹介します。

事前にイメージをふくらませておく

ウエディングフォトの撮影には、「どんな写真が撮りたいか」というイメージを持って臨むのが大切です。カメラマンにイメージを伝えるために、アングルや雰囲気などが参考になる写真を持参すると良いでしょう。InstagramやPinterestで、好きな写真を集めておくのもおすすめです。

小物にこだわる

小物にこだわれば、まるで映画のワンシーンのような写真が撮れます。傘を使って撮影するのもおすすめのアイディア。ふたりで1つの傘に入ったり、手に持ってジャンプしたりと、イメージが広がります。
ガーランド、ヒゲや吹き出しなどのフォトプロップスも定番アイテムです。好みのものを手作りしても良いでしょう。
個性的な写真を撮るならフレームを使うのもおすすめです。フレームの中に入るように撮影すれば、絵画のような仕上がりになります。
赤い糸やリボンでふたりの小指を結ぶアイディアも人気です。糸やリボンにワイヤーを通して、好きな文字を作るのも良いですね。

撮影会場に合ったドレスを選ぶ

写真映えを考えるなら、ロケーションに合わせたドレスを選びましょう。チャペルで撮影する場合、チャペルの形や雰囲気に合わせたドレスを選ぶのがおすすめ。バージンロードの長さや階段の有無をチェックしておきましょう。
階段での撮影には、ロングトレーンのドレスやプリンセスタイプのドレスが映えます。ガーデンなどに座った状態の写真を撮りたいなら、美しく広がるプリンセスラインのドレスがおすすめです。

カメラ目線ではない写真も残す

顔を寄せ合って話をしたり、笑い合ったりするシーンなど、カメラ目線ではないナチュラルな姿もぜひ残しておきましょう。並んで待つふたりのうしろ姿や、ふと振り返った表情なども、オフショットとして撮影してもらうと良いですね。

特定パーツのショットも素敵

指輪を乗せたふたりの手、からませた小指、ふたりの足元など、特定のパーツを撮影するのも人気です。シャイな人でもトライしやすいですね。

笑顔のコツを押さえておく

撮影に臨む前に、表情の練習をしておくのがおすすめです。美しい笑顔のコツは、口角を左右均等に上げ、歯が少し見えるくらいに微笑むこと。歯茎や下の歯は見えないようにするのがポイントです。「い」の発音をするイメージで微笑むと、自然な笑顔になりますよ。

体調を整えて撮影に臨む

撮影当日には、体調を整えておくのも大切です。着慣れない衣裳での撮影は意外とハードなもの。前日は睡眠をしっかり取って撮影に備えましょう。気温が高い時期の撮影では、水分をきちんととることも意識しましょう。

ウエディングフォトの「前撮り」に対応している結婚式場も

撮影:アルカンシエル横浜 luxe mariage
結婚式場の中には、ウエディングフォトの前撮りプランを実施しているところもあります。結婚式場での前撮りはメリットがたくさん。結婚式とは異なる衣裳で撮影できることからも人気を集めています。

「前撮り」を結婚式場で行うメリット

結婚式場での前撮りは、結婚式に使われるチャペルやゲストハウス、ガーデンなどを贅沢に使用して、リアルな撮影ができるのがメリットです。
式場によっては屋内外の両方を使って撮影できるため、「スタジオ撮影」「ロケーション撮影」のどちらも楽しめます。悪天候に対応できるのも嬉しいですね。

また、結婚式場での前撮りは、衣裳の準備から着替え、ヘアメイク、撮影までが結婚式場内で完結します。当日は身一つで会場入りするだけで、素敵なウエディングフォトが撮影できるのです。
会場内のお気に入りスポットをステージに、結婚式とは違った衣裳での撮影を楽しみましょう。

アルカンシエルのウエディングフォト

撮影:アルカンシエル横浜 luxe mariage
アルカンシエルでは、結婚式を挙げるカップルを対象に前撮りプランを用意しています。結婚式当日の衣裳はもちろん、当日着用予定のない衣裳を選択することも可能。
チャペルやガーデン、プールなど、結婚式を挙げる会場の施設を使っての撮影が楽しめます。メイクシーンなどお支度の様子を印象的なカットで残すことも可能です。また、お気に入りアイテムの持ち込みもできるので、ウエディングフォトのアイディアがふくらみますね。

アルカンシエルの映えるスポット

アルカンシエルにはウエディングフォトにぴったりな、おしゃれなスポットがたくさんあります。ここでは、人気の撮影スポットを紹介します。

螺旋階段

撮影:アルカンシエル luxe mariage 大阪
螺旋階段は、高低差とカーブを利用して、ドラマチックな写真が撮れるおすすめスポット。小物を使えば、よりストーリー性を感じる写真になります。ドレスを美しく見せられるので、衣裳選びも楽しめますね。

ガーデン・ガーデンテラス

ガーデンやガーデンテラスでの撮影は、青い空の下、鮮やかな緑とドレスとのコントラストが美しい写真を残せます。ナチュラルな雰囲気がたっぷりのシチュエーションは押さえておきたい映えスポットの1つ。

プール

撮影:アルカンシエルガーデン名古屋
開放感たっぷりの写真が撮れるプールもおすすめの撮影スポットです。撮影する時間帯や使う小物で、雰囲気がガラリと変わります。

ブランコ&ソファ

撮影:アルカンシエル luxe mariage 大阪
ブランコやソファなど、座った状態でも雰囲気たっぷりの写真を撮ることができます。ドラマの主人公になったつもりで、ポーズを工夫してみましょう。

オブジェ

撮影:アルカンシエルガーデン名古屋
アルカンシエルには会場ごとにさまざまなオブジェが設置されており、フォトスポットに最適です。「LOVE」「&」などのマーキーライトは、特に人気のアイテム。個性的な写真を撮影できます。

2人の大切な瞬間の記念に、最高のウエディングフォトを残そう

撮影:アルカンシエル luxe mariage 大阪
ウエディングフォトは、ふたりの大切な瞬間を記録する特別な写真です。”好き”をたくさん詰め込んで、ふたりらしい、最高のウエディングフォトを残しましょう。
〈 / 〉

RELATED