SEARCH

婚姻

2021.07.09

【婚姻届】結婚後の本籍はどこが良い?決め方・書き方・注意点をまとめて紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

入籍する際、必ず行う手続きの1つが婚姻届の提出です。この婚姻届の提出によって、新しい本籍にパートナーとの戸籍が作成されます。しかし、戸籍に関することや本籍の決め方などがよく分からない人もいるでしょう。そこで今回は、戸籍の基礎知識や結婚時の本籍の決め方・書き方など、婚姻届を提出するために役立つ情報を紹介します。

戸籍の基礎知識

本籍について理解するためには、戸籍の仕組みを知っておく必要があります。まずは、戸籍に関する基本的な内容を見ていきましょう。

戸籍は日本国民を登録する公文書

戸籍は、日本国民の出生・婚姻・死亡などを登録する公文書です。つまり、筆頭者・その配偶者・その未婚の子どもなどを1つの「戸」という単位で登録し、管理しています。なお、同じ戸籍に入っている人の姓は全員同じものになります。
また、戸籍が記載されている戸籍謄本や抄本は、本籍地の市区町村の役所に保管されており、申請することによってその写しの取得が可能です。

本籍は戸籍を置いている場所

本籍は、戸籍を置いている場所のことです。現在の本籍を確認する方法はいくつかあります。例えば本籍が記載されている住民票を取得する、運転免許証で確認するなどです。ただし、現在発行されている運転免許証は表面に本籍の記載がないため、確認する場合は警察署などにある確認用の端末を使用します。

結婚の際は新戸籍を編製する

未婚の状態であれば、敢えて自分で分籍などをしていない限り、親などの戸籍に入っていることが多いでしょう。結婚することで親の戸籍から抜け、配偶者との新しい戸籍が作成されます。これが新戸籍の編製で、ふたりのうちどちらかが筆頭者になります。
そして、この新戸籍の編製時に本籍をどこにするか決める必要があるのです。本籍は日本国内であれば、どこでも自由に決められます。

結婚する時の本籍の決め方

結婚時の本籍は自由に決めることができますが、実際どのようにして決めれば良いのか悩む人もいるかもしれません。そこで、本籍の決め方でよく見られるパターンを紹介します。

どちらかの実家に本籍を置く

自分か相手、どちらかの実家に本籍を置くというパターンです。先祖代々その土地に住んできたなど、実家がある土地へ強い思い入れのあるカップルが選ぶことが多いでしょう。この決め方は、本籍をどこにしたか忘れにくいというメリットもあります。

結婚後の居住地に本籍を置く

結婚後の居住地に本籍を置くというパターンもよく見られます。新しく作るふたりの戸籍の本籍に、結婚生活スタートの地を選ぶのも素敵ですね。この方法なら、結婚後に戸籍の取得などが必要になった場合に手続きしやすいでしょう。

有名なスポットや思い入れのある場所に本籍を置く

有名なスポットや、ふたりの思い入れのある場所に本籍を置くパターンもあります。例えば首都圏で言えば、東京タワー、東京スカイツリー、皇居などに本籍を置くことも可能です。
国内の住所ならば自由に本籍を決めて良いので、実際に住めない場所でも問題はありません。ただし、本籍の場所を遠方にする、または全く縁のない場所にすると、結婚後に本籍の場所が分からなくなったり、戸籍謄本・抄本の取得時に手間がかかったりする恐れもあるでしょう。

結婚する時に本籍を決める際の注意点

本籍を決める時は「こうすれば良かった」と後悔しないよう押さえておくべき点もあります。ここでは、本籍を決める際の注意点を見ていきましょう。

本籍の場所によっては手続きの手間が増える

戸籍謄本・抄本を取得する際は、本籍地の市区町村の役所に対して申請しなければなりません。
本籍地が遠方などで直接出向けない場合、郵送で戸籍を取り寄せることも可能ですが、申し込みと役所からの返信に時間がかかることも。急ぎで書類が欲しい時などは困る可能性があることも考慮した上で、納得のいく本籍を選んでくださいね。

本籍は親族にも相談するのがおすすめ

人によっては「先祖代々ここに本籍を置いている」という場所があることも。そのような慣習を知らずにふたりで本籍を決めてしまうと、後々、親族から違和感の声が上がってしまう可能性もあります。本籍を決める際はふたりの希望をまとめつつ、お互いの家族にも相談してみるのがおすすめです。

本籍は結婚後でも変更できる

本籍は結婚後に変更することも可能です。戸籍ごと本籍を移動する方法で、これを転籍と言います。どこに本籍を置くか悩んだ時は、まず最初に手続きのしやすさで選び、後日改めて変更するのも1つの方法です。

【婚姻届】本籍の書き方

婚姻届に本籍をどのように書くのか説明します。なお、婚姻届を本籍地以外で提出する場合は、戸籍謄本の添付が必要なので忘れずに準備しましょう。

現在の本籍と筆頭者を記入する

婚姻届の「本籍」の欄に、それぞれ現在の本籍と筆頭者の名前を書きます。住所はハイフンなどで省略せず、戸籍謄本・抄本と同じように「〇丁目△番地」などと記入してください。筆頭者は戸籍謄本・抄本に記載されているので、確認しながら書きましょう。

新しい本籍と筆頭者を記入する

「婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍」の欄を記入します。夫婦の氏は「夫の氏」か「妻の氏」どちらかにチェックしましょう。チェックを入れた方が戸籍の筆頭者になります。なお、本籍には建物名(アパート・マンション名など)は記入しません。書いてしまうと提出時に訂正が必要となる、または届けが受理されない恐れがあるので注意してくださいね。

【番外編】婚姻届でこだわり可能なポイント

本籍は自分達で選ぶことができるため、婚姻届でこだわれる要素の1つですが、他にも婚姻届でオリジナリティを出せる要素があります。ここでは、婚姻届でこだわり可能なポイントを紹介します。

婚姻届の用紙にこだわる

婚姻届の用紙は役所で受け取れますが、役所のホームページなどからダウンロードも可能です。ちなみに、婚姻届は1種類ではありません。戸籍法の定めるサイズや様式・内容に則っていれば、どのような婚姻届でも提出可能です。
キャラクターが描かれたもの、ご当地もの、結婚式場で配布しているもの、ウエディング雑誌の付録など、婚姻届の用紙は種類が豊富。提出する記念に、婚姻届の用紙選びからこだわるのも良いですね。また、自作の婚姻届も使用可能です。

婚姻届の提出日にこだわる

婚姻届を提出し、受理された日が入籍日です。結婚記念日に決まりはないものの、入籍日を結婚記念日とするカップルもたくさんいます。
婚姻届を提出する日はふたりで決めることができるので、どちらかの誕生日やふたりの記念日、七夕やクリスマスといったイベントデーを選ぶなど、提出日にこだわるカップルも多いようです。
また、大安や一粒万倍日など、縁起が良い日を選ぶ方法もあります。

ふたりにぴったりな本籍を決めて、結婚の準備を進めよう

本籍はふたりで作る戸籍を置くための大切な場所です。どこにするか、お互いの希望を大事にしながら、手続きのしやすさや家族の慣習など、さまざまなことを加味して決めたいですね。ぜひふたりの新しい生活にふさわしい本籍を決めて、結婚の準備を進めましょう。
〈 / 〉

RELATED