SEARCH

ゲスト

2021.07.09

【女性ゲスト】結婚式にふさわしいネックレス。マナーや選び方を紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

普段からアクセサリーを愛用する人でも、結婚式用のネックレス選びには迷うことがあるかもしれません。本記事では、結婚式にふさわしいネックレスの選び方や、パールのおすすめネックレス、他のアクセサリーとの合わせ方を紹介します。また結婚式で避けるべきネックレスも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

結婚式にふさわしいネックレスのマナー

そもそも結婚式に参列する際に、ネックレスは必ず身に着けなければいけないのか、疑問を持つ人も多いかもしれません。しかしながら、胸元を華やかに演出するネックレスの存在感は、お祝いの場に必要なもの。まずは、結婚式に参列する際のネックレスマナーについてみていきましょう。

ネックレスを着用したほうが良い

結婚式のゲストがネックレスを付けないこと自体はマナー違反ではありませんが、やはり華やかな装いには欠かせないアイテムです。お呼ばれ服は襟元が開いたデザインが多いので、ネックレスがあると華やかさが増します。また結婚式では写真撮影の機会も多く、ネックレスが首元をキレイに演出してくれます。

ネックレスをつけなくても良いケースも

和装で参列するならネックレスをつけずに、髪飾りで華やかさを出すのがおすすめです。また乳幼児を連れて参列する場合、ネックレスを引っ張られてしまう可能性も。その場合は、短めのネックレスにするか、ネックレスがなくても胸元が寂しくならないデザインの服を選ぶと良いでしょう。

時間帯によってネックレスを変える

ネックレス選びには、結婚式が行われる時間帯も関わります。昼の結婚式の装いは「清楚」を意識してください。きらびやかなアクセサリーは主役の花嫁だけの特権であるため、派手なネックレスやゴールドは避ける必要があります。夕方から夜に行われる結婚式では、一転して光るものや、ゴージャスな宝石をあしらったネックレスが照明に映えるのでおすすめです。ただし、この場合も花嫁よりも目立たないデザインを選びましょう。

結婚式にふさわしいネックレスの選び方

結婚式には派手すぎず、品のある華やかなネックレスを選びましょう。おすすめの素材は、パールです。どのような服装にも合わせやすく、華やかさを演出できます。ここでは結婚式にふさわしいネックレスの素材や長さ、選び方について解説します。

素材はパールや天然石

パールや天然石は、結婚式のネックレスにぴったりの素材です。結婚式のゲストは花嫁の色である白以外を用いた装いがルールですが、パールだけは例外です。結婚式の装いに上品な輝きを添えてくれます。

短いほどフォーマル

一般的にネックレスは短いほどフォーマル度が高くなります。親族の結婚式ではゲストを迎える立場になるので、フォーマル度の高い短めのネックレスが望ましいでしょう。

全体のバランスを考えて

長いネックレスは首元にVラインを作り、首を長く見せる効果があります。服装がシンプルならボリュームのあるネックレス、反対に華やかなデザインの服ならネックレスは控えめにするなど、バランスを取ってみてください。

パールネックレスは1連がおすすめ

シンプルなパールの1連ネックレスは、冠婚葬祭に使えるので持っておくと重宝します。また引っかかりのないデザインなので、髪や服にからまりづらいという実用的なメリットも。
パール1粒のサイズは7㎜~8㎜が標準なので、購入時の参考にしてください。長さはプリンセスサイズと呼ばれる、鎖骨にかかる40㎝前後がおすすめ。襟元の開いた服装とも好相性です。
2連のネックレスはお悔やみの場にはふさわしくありませんが、結婚式では問題ないとされることが多いようです。ただし年配のゲストなどには、マナー違反に映る可能性もあります。もし心配なら、無難な1連のネックレスをつけてください。

カジュアルなパールはTPOを考えて

カジュアルなパールとして、形がいびつなバロックパールや、球体のコットン表面にパール加工を施したコットンパールが挙げられます。おしゃれな印象で普段使いもしやすい素材ですが、結婚式の時に身に着けて良いか迷う人も多いかもしれません。
たしかにフォーマル度は下がるため、格調高い結婚式場には不向きです。ただし最近では花嫁自身のヘアアクセサリーなどに軽量のコットンパールが使われることもあり、ゲストが身につけていても特別問題視されない風潮があります。
いずれにしても、ゲストとしての自分の立場を考慮しながらネックレスを選ぶことが大切です。例えば親族や会社の先輩として参列する場合は、フォーマルな装いが求められます。そのときはカジュアルパールを避けたほうが良いでしょう。

結婚式では避けたいネックレス

結婚式にはファーやレザー、カジュアルな素材のネックレスはふさわしくありません。また黒真珠は結婚式でマナー違反なのかを気にする人も多いようです。結婚式での着用を避けるべきネックレスについて解説します。

ファーやレザーなどの素材を使ったネックレス

殺生をイメージさせるファーやレザー素材のネックレスはマナー違反です。ネックレスに限らず結婚式には適さない素材なので、バッグや小物選びの際も気を付けましょう。

黒真珠(ブラックパール)のネックレス

黒真珠は、結婚式で着用しても問題ありません。本来、黒真珠は高価な物であり、結婚式などのお祝いの場にふさわしいものでした。しかしお悔やみの場でつけるイメージが広がったため、結婚式には適さないと感じる人がいるのも事実です。
もし結婚式で黒真珠のネックレスをつける場合には、喪服を連想させるオールブラックの出で立ちにならないように気を付けてください。パーティドレスやショールで色を足して華やかさをアップさせるのがおすすめです。

派手な装飾のネックレス

花嫁よりも目立たずに、でも華やかであることがゲストの装いに必要です。強い輝きを放つ宝石をたくさんあしらったようなネックレスは、主役の花嫁だけが身に着けられるもの。迷ったときは小ぶりのものを選ぶと間違いありません。

カジュアルなネックレス

リネンなどの布や毛糸など、カジュアルな素材のネックレスは結婚式にふさわしくありません。大ぶりのモチーフが付いたものも、カジュアルに見えるため避けたほうが無難でしょう。

キラキラ光るネックレス(昼の場合)

ラインストーンやビジュー、宝石などのいわゆる光り物は、昼間の結婚式では避けた方が良い素材です。結婚式では自然光のもとで写真を撮影することも多く、太陽光やストロボに反射しやすいので目立ってしまうと言われています。夜の結婚式では光り物のネックレスは場を華やかに演出するので、身に着けても良いでしょう。

結婚式でネックレスと他のアクセサリーを組み合わせるコツ

結婚式の装いではネックレスの他にもイヤリングやヘアアクセサリーなどをつけるため、合わせ方が気になります。結婚式用にセットアップを準備するのもひとつですが、手持ちのアイテムを上手に合わせて品良く仕上げるコツをみていきましょう。

素材やカラーを揃える

アクセサリーの素材や色味を揃えると統一感が出ます。ネックレスをパールにするなら、イヤリングやヘアアクセサリーもパールで揃えましょう。同様に金属や天然石の色もなるべく合わせるのがバランスが取れたコーディネートを作るコツです。素材や色を同じもので揃えると、デザインが違うアクセサリー同士でも上品に調和します。

全体のバランスを考える

ボリュームや存在感のあるネックレスにはシンプルなイヤリングを合わせるなど、アクセサリー同士のバランスを考えることも大切です。洋服も含めて当日のコーディネートが決まったら、服もアクセサリーも全て身につけて全身を鏡に映し、最終バランス調整をすると良いでしょう。


結婚式にふさわしいネックレスでお祝いの席をより華やかに

結婚式のネックレス選びに迷ったら、まずはパールを選択肢に入れてみると良いでしょう。ゲストとしての立場やマナーを心得て、結婚式にふさわしい素敵なネックレスを選びたいですね。あなたらしい素敵なコーディネートを完成させて、お祝いの席に華を添えてください。
〈 / 〉

RELATED