SEARCH

式場選び・ブライダルフェア

2020.10.19

コロナ禍で結婚式を挙げるために。食事に関する対策・確認ポイントとは?

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

コロナ禍でふたりの想い描く結婚式を叶えるには、食事中の感染防止対策を万全にすることが大切です。こちらの記事では、結婚式場の食事に関する新型コロナウイルス対策(以下、コロナ対策)や密を回避できる式場選びのポイント、アルカンシエルのコロナ対策への取り組みについて紹介します。コロナ対策を万全にした結婚式場で、ふたりの夢を実現させましょう。

結婚式場の食事に関するコロナ対策は、予約前に必ずチェック!

結婚式場は、厚生労働省が発表した「新しい生活様式」と、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(通称BIA)が制定した「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが発信している「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING」を基に、コロナ対策を行っている場合が多いです。ここでは、結婚式場が行っている“食事”に関する感染予防対策について確認しましょう。

「接触感染防止」と「飛沫感染防止」が基本

食事中は、接触感染と飛沫感染の対策を講じる必要があります。食事中の接触感染防止には、共同で使用するものを清拭消毒することが大切。一方の飛沫感染防止には、密閉・密集・密接(3密)を回避することが重要です。

テーブル・座席関連

食事中の接触感染と飛沫感染を防ぐため、結婚式場はテーブル・座席関連において次のような対策を講じています。

<テーブル・椅子の清拭消毒やドアに関する対策>
披露宴開始前にテーブルと椅子の清拭消毒を行っている他、披露宴会場のドアの開閉は手袋を着用した式場スタッフが対応します。

<座席の間隔に関する対策>
密集・密接による飛沫感染を避けるため、テーブルや座席の間隔を確保しています。

料理関連

結婚式場では、料理に使われる食器や提供方法にも細心の注意を払っています。

<食器の洗浄・消毒に関する対策>
お皿・グラス・ナイフ・フォーク・スプーン類は使用前に消毒。使用後は洗浄を徹底し、接触感染のリスクを減らします。

<料理の提供方法に関する対策>
料理を大皿盛りで提供することを避けるのはもちろんのこと、ビュッフェスタイルを一皿盛りに変更したり、カナッペなどをピンチョスや容器に工夫して盛り付けたりしています。

<お酌や回し飲みに関する対策>
接触や飛沫による感染を防ぐために、結婚式でよく見られるお酌、グラスやお猪口の回し飲みをしないよう、ゲストに協力をお願いしています。

<密集の回避>
ドリンクカウンターやビュッフェテーブルの付近には、ソーシャルディスタンスの協力を促すものを配置したり、スタッフが直接サービスしたりすることで、ゲストが密に集まるシーンを作らないようにしています。

食事中の密を解消できる会場選びのポイントは?

披露宴の食事中の密を防ぐには、テーブル配置を余裕もって行うことができ、座席の間隔も十分にとれる会場を選ぶことが重要です。ここでは、食事中の密が解消できる会場選びのポイントを紹介します。

広い会場がある結婚式場を選ぶ

テーブルの数を増やす、または大きいテーブルを使用するためには、広い会場を選ぶ必要があります。ゲスト数に対し余裕を持った収容人数の会場を選ぶと、テーブルの配置がしやすいでしょう。2部屋を使って披露宴会場を広くするのも1つの手段と言えます。

座席の数を減らす対策がとれるかを確認

3密を避けるための対策有無も必ずチェックしましょう。例として、通常6名~8名分の座席を4名程度に減らす対策などが考えられます。会場の広さによっては、ゲストの数を減らすことも選択肢に入れる必要があるかもしれません。

ゲスト同士の距離を保てるかを確認

通常時よりもテーブルの数を増やすことで、ゲスト同士の十分な間隔を確保できます。また、大きいテーブルを使用するのも1つの方法です。例えば、通常は丸テーブルを使用していたところを、細長いテーブルに置き替えることで、座れる人数をキープしながら座席の間隔を広く開けられます。

会場の広さやゲスト数などで、距離を保つことが難しい場合は、全席にアクリル板などを設置するなどのコロナ対策を実施することが可能か、結婚式場に相談してみるのも良いでしょう。

アルカンシエルが行っているコロナ対策

アルカンシエルでは、ガイドラインに基づくコロナ対策に沿いながら、より細かい行動指針を定めてサービスを行っています。また、ホームページ内でも対策内容を開示しており、ゲストにも事前に確認してもらうことで、安心安全の結婚式ができる取り組みをしています。ここでは、安心して結婚式を行えるようにアルカンシエルが実施しているコロナ対策を紹介します。

スタッフの衛生管理の徹底

スタッフの健康管理のために、出勤時には検温と体調を確認し、手洗い・うがい・手指消毒の徹底をしています。また、コロナ対策として出勤時はもちろん、式場内でもマスク(適宜フェイスシールド)着用を義務化。ユニフォームはこまめに洗濯し、常に清潔に保っています。

ソーシャルディスタンスの確保

チャペルや披露宴会場では、ゲスト席の間隔を可能な限り広くとり、ソーシャルディスタンスの確保に努めています。また、ゲスト用のテーブルを大きめにしたり、披露宴会場を2部屋使用したりして対策を講じています。その他、受付にはアクリルパネルを設置し、唾液などの飛散防止対策にも取り組んでいます。

披露宴会場を含む館内消毒の徹底

アルカンシエルでは、館内や披露宴会場の消毒を徹底しています。

<館内消毒>
各所にアルコール液を設置し、館内およびペン・タブレット・テーブルなどのアルコール消毒を徹底。結婚式当日には、正面玄関でコンシェルジュスタッフがアルコール消毒の案内をしています。

<披露宴会場>
アルコール入りのミニボトルを各テーブルに複数設置しているため、披露宴中もこまめに除菌ができます。さらにスタッフもアルコール消毒液入りのミニボトルを携帯し、常に消毒ができるように対応しています。

また、コロナウイルスに有効な成分が含まれているおしぼりも用意しています。その他、司会台にアクリル板を設置したり、マイクの使用後は消毒を欠かさず、使い捨てのマイクカバーを活用したりもしています。

披露宴会場のこまめな換気

アルカンシエルでは、披露宴中にも密閉空間を作らないよう可能な限り換気を実施し、万全な飛沫感染防止策を講じています。

料理提供の工夫

接触感染を防ぐために、ウエルカムパーティはビュッフェスタイルを採用せず、フィンガーフードを個別の容器に入れて、ゲスト一人ひとりが取るなどのスタイルに変更しています。ソーシャルディスタンスを確保しながら料理を楽しめるように、スペース内の各所に用意されています。デザートビュッフェも、お皿盛りにしてゲスト席に直接サービスをしたりなど対策を講じているので安心です。

マスクケースの用意

披露宴中は、できるだけマスク着用の協力をゲストにお願いしていますが、食事中はマスクを外す必要があります。アルカンシエルでは、マスクを清潔に保管できるマスクケースを用意しています。

食事中のコロナ対策を徹底して、安心できる結婚式を挙げよう!

食事中のコロナ対策は、結婚式の中で重要なポイントを占めています。結婚式場側の対策はもちろんのこと、ゲストへの協力依頼も大切です。食事中のマスクを外しているタイミングで、ゲストが新郎新婦の元へ写真を撮りに行ったり、お手洗いへ行ったりして席を立つことがあります。その際は、改めてマスクを着用しての行動をお願いするアナウンスを流すなど、ゲストへの協力依頼に関しては、結婚式場と連携することが大切。

アルカンシエルでは食事中はもちろんのこと、新郎新婦やゲストが安心して結婚式の当日を過ごせるよう、コロナ対策を徹底しています。信頼できる結婚式場を選べば、ふたりが想い描くステキな結婚式が叶うはずです。コロナ対策を万全にして、ぜひふたりの夢を実現させましょう。
〈 / 〉

RELATED

https://column.arcenciel-g.jp/media/admin/constants